スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃交渉をしやすいタイミングとは

家賃交渉をしやすいタイミングとは

家賃交渉をしやすいタイミングというものがあります。


・契約のとき
・契約の更新のとき
・入居直後
・その他

大事なのは、「安くしてもらいたい理由がある。安くしてくれたらぜひ入居したい」と
はっきり伝えることです。




・契約のとき
見学のときに、色々とその物件の不満や不備のある部分をメモしておきます
それを契約時に不動産屋につたえてみましょう。

すぐ近くの線路がうるさいとか、
網戸が破れていたとか、
ドアの金属部分がさびていて使用していけるか不安だとか、
色々とあると思います。



・契約の更新のとき
更新のときに、まわりの部屋がいくらなのか、
いくら下がっているのか不動産業者にききましょう。

あなたの部屋だけ高いまま、なんてことはよくあります。



・入居直後
入居して3日以内くらいでないとダメですが、
こんな不備に気づいたということを伝えてみましょう。



・その他
友達を紹介するから家賃を下げて欲しい、
など、何か不動産業者や大家さんにメリットのあることをやってあげるかわりとして交渉してみましょう。


以上です!
一つ気をつけてほしいのは、
あまりに値下げばかり要求しすぎると、確実に嫌な顔をされますので気をつけてくださいね。

一応、不動産業者も大家さんも、その物件の適正な価格を知っていますので、
「あまり値下げばかり言うのであれば、他のお客さんに入居してもらいますから結構です」
となりかねません。
スポンサーサイト
■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。