スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の価格交渉で現実的な値段とは

不動産業者から見た、部屋の価格交渉で現実的な値段とは?

地域やもともとの価格にもよりますが、

・都内
・家賃7万円
・管理費5000円
・敷金1か月分
・礼金1か月分

を例にしてみます。

この例ですと、現実的なのは家賃が67000円くらいにさげてもらうことです。

意外と少ない…
そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうです、少ないのです。

初期費用を削りたい方には「礼金なし」とかの交渉もありです。
でも2年契約なら、礼金なしより家賃67000円の方が微妙にお得ですが。

スポンサーサイト
■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。