スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋探しのためのお金の工面の方法

部屋探しのためのお金の工面の方法をお伝えします。

まず、引越し代が払えない、という方がかなりいます。
親に払ってもらう人がほとんどですね。
社会人でもそういう人はいます。


ただ、親に迷惑はかけたくない、
人からお金を借りたくない、という立派な人もいます。

確かに、学生ならともかく、社会人の方は、
人にお金を借りるのはすごーく恥ずかしいんですよね。
言えない、って人は多いです。

引越し代金を分割で立て替えてくれる会社もないことはないですが、まだまだ少ないです。
わたしが知っているだけでも2,3社くらいでしょうか。


すぐ返す自信があるならキャッシングもありです。
全費用で30万かかったとしても、月5万ずつ返していけば半年ほどで返せます。

現在の金利は18%ですので、30万を半年で返すなら、利息額は最大で2万7千円。
でも実際はもっと少ないです。
なぜなら毎月の残債に対しての18%の利息ですので、
返済額がへっていくほど利息も減ります。

月3000円ずつくらいの利息とあわせてかえしていく形になります。
(ほんとうはもっと複雑な計算があるのですが、むずかしい方もいらっしゃると思いますので省略しますね)

キャッシングは、緊急でお金が必要だけど工面できない人の最後の手段です。
なにせ1時間弱でお金が借りられますから。

だからこそ、キャッシングがあるから安心とかんがえるのではなく、
何ヶ月も前からご自分で貯金しておくのがいいと思いますよ!
スポンサーサイト
■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。