スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人ぐらしをしやすいエリアの条件5つ

一人ぐらしをしやすいエリアの条件が5つあります。

・住宅街
・ターミナル駅から電車1路線以内。
・商店街がある
・駅から徒歩5分以内
・平坦な土地




・住宅街
これは当然ですね。


・ターミナル駅から電車1路線以内。
都内だと渋谷、品川、東京、上野、新宿、池袋などがターミナル駅です。
(ただし地方は車を使うこと前提の方が多いと思いますからこの限りではありません)

この1路線以内というのは意外と便利です。
例えば世田谷区の有名な住宅街の二子玉川から渋谷までは急行で10分です。
各駅でも14分。
かなり離れているのですが、ものすごく早いです。

特に都内は本数が多いので、わざわざ巨大な駅近くにすまなくても、
1路線以内のところに住めば早いですよ。


・商店街がある
買い物が便利なのと、防犯にも良いからです。
商店街があると、ある程度どの店も値段をさげて商売します。
価格競争があるのです。

また人が周囲に多くすんでいるため、防犯にもひとやく買っています。



・駅から徒歩5分以内

駅までの徒歩時間は歩く事しかほとんどできませんし、
夜道は女の子にとってできるだけ長く歩かない方が危険がすくないのです。

電車での通勤・通学時間ですと、読書など別のことにもあてられますしね。

ちなみに都内であれば23区内かつ山の手線内はほぼどのエリアも駅から近いです。



・平坦な土地。
坂の途中にある場所はおすすめできない、ということです。
都内ですと渋谷区は住宅街が多いにもかかわらず、坂が多いです。

坂の上の方なら大丈夫。
下の方だと地震や洪水時がとくに被害が怖いのです。


以上の観点からすると、
都内ではたとえば世田谷区はほぼ全域住みやすいはず!と思います。
スポンサーサイト
■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。