スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生の引越し - お金がない場合


学生の引越しで、気をつけて欲しいことがあります。

それは、引越しには重い責任がつきまとうということ。


たとえば、引越しは、基本的に、急に日にちをずらすことはできません。
とくに引越しがせまっているときほど、日にちをずらすことができません。


こんな場合、違約金が発生します。

・お金が用意できない。
・思った以上に、引越し代と入居代がかかる(都心で40~60万円ほどかかります
・学校とバイトが忙しくて、不動産屋まで鍵をうけとりにいけず、引越しができない。
・引越し業者の手配がすすまない。
・直前で引越しをキャンセルしたくなったが、今の自分の部屋は解約したので次の入居者が決まっている
・直前で部屋を変えたくなった。
病気になり、引越しを延期したくなった


これらは、大家さん、不動産業者、引越し業者、次の入居者などに多大な迷惑をかける事例です。
ですが、結構誰にでもありえます。

こんな場合の対策は…

お金をすぐ立て替えてくれる人をみつけておく

これです。
60万とか、できれば余裕をもって80万くらい、
頼めばすぐに出してくれる人をみつけることです。

それが無理な人もいるかもしれません。

無理な人は、こういう立替人を利用しましょう。






学生に特化しています。
学生に特化しているということは、学生の経済状態をよく理解できるということです。



こういうものは、「急な出費」のときのみ利用するのが賢いつかい方です。

そして、急な出費というのは、
事前に予測できないからこそ、「急な出費」
なのです。

ですから、あらかじめこういった機関に申請を出しておくことも賢いやりかたです。
だって、必要なかったらつかわなければいいだけなんですからね。






■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。