スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋決めで重要な見学は何回いけばよいのか?

部屋決めで重要な見学は何回いけばよいのか?
ということなんですが、

不動産屋からすれば、2回の見学がベストだと思います。

特に女の子や、防犯を重視したい方は。

見学の時間帯は、朝の通勤・通学時間と、夜の帰宅時間がおすすめ!


・朝の通勤・通学時間
あなたの職場や学校に時間がどのくらい人通りが多くて、
物件周辺の交通量がどれだけ多くて、
通勤・通学電車はどれだけ混んでいて…

ということを確認できればベスト。
特に電車は時間帯や路線によって、
信じられないくらい混雑しますから

スーツがボロボロになったり、
イライラしているサラリーマンや女性に切れられたり、
ということがよくあります。もうサバイバルの世界。
私もよくそういった光景をみかけます。

参考:
都心の電車、混雑率ワースト10はこちら



・夜の帰宅時間
夜は夜で、全く人通りが無くなるかもしれません。
住宅街ならまだしも、繁華街に程近い物件ですと、
防犯性の点から見て不安な場所もあります。

誰かと一緒に、夜も一目確認しておくのが理想です。

ま、そこまで時間のある人はあまりいませんが…
スポンサーサイト

部屋見学の時にもっていくもの4つ

部屋見学の時にもっていくもの4つ

・メジャー
・間取り図
・デジカメ
・筆記用具
・持っている家具のスリーサイズ(高、横、縦)をメモしたもの


・メジャー
・持っている家具のスリーサイズ(高、横、縦)をメモしたもの
あなたの家具をおけるかどうか、見学のときに見極めておこうという段取り上手なアイテムです。
ついでに、「入り口の広さ」も計ってください。
「ソファ置ける間取りなのに…入り口から入りませんでした(涙)」
という方は毎年いらっしゃいます。


・間取り図
これにメモした部屋の間取りを記録していきます。
これは不動産業者にもらいましょう。
コンセントの位置や数なんかも大事!


・デジカメ
交渉上手のための道具です。
天井のシミ、網戸のやぶれ、壁の傷、エアコンのフィルターの汚れなどなど…
これら全て価格交渉の時のための「証拠」になります。

あと、あらかじめこの写真を不動産業者と共有しておけば、
退去時に不当な修理代をとられる心配はありません。
(ご自分でつけた傷などはちゃんと修理代を払いましょうね!)



ここまで段取りよく準備していると、
不動産屋さんも下手な物件は紹介できないものです(笑)
■学生さん向け
学生ローンは「創業30年」の友林堂

■社会人のかた向け


検索フォーム
リンク
QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。